カテゴリー: せかい童話図書館

  • しらゆきひめ

    「しらゆきひめ」について 「しらゆきひめ〈白雪姫〉」は、グリム兄弟が五十数年の歳月をついやして収集したドイツのむかし話集『グリム童話』の中でも、もっとも有名なお話の一つです。 この話のモチーフになっている、継母が子どもを […]

  • 三びきのこぶた

    「三びきのこぶた」について 「三匹のこぶた」は、イギリスの代表的な民話のひとつです。イギリスの民話研究家であったジョーセフ・ジェイコブス、ジョージ・ダグラス、アンドルー・ラングといった人たちは、民話を再録したことで知られ […]

  • てんぐのかくれみの

    「てんぐのかくれみの」について  「てんぐのかくれみの」は、九州・熊本地方に古くから伝わる〈とんち話〉『彦一ばなし』の中のお話です。 〈とんち話〉は、人間の持つ知恵や才能、ユーモアを主題とした話で、徳川時代のはじめごろに […]

  • ゆきおんな

    「ゆきおんな」について  “ゆきおんな”という言葉には、どこか神秘的で、幻想的な味わいがあります。 「雪女」は、雪国地方の伝説に登場する“雪の精”で、雪女郎・雪娘とも呼ばれています。 ふだんは人間の味方である自然も、冬に […]

  • マッチうりのしょうじょ

    「マッチうりのしょうじょ」について  「マッチ売りの少女」は、アンデルセンの代表的な作品で、1848年に『新童話集』の中で発表されました。この当時のアンデルセンは、すでに童話作家として国内・外に、ゆるぎない地位を築いてい […]